スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

三重苦

2009/07/21 Tue 08:48

一難去って、また一難困り (いや去ってない!!)

夕べ、お風呂からあがって風呂掃除をしていると、
(我が家は最後に出た人が風呂を掃除することになっています)

グギッ!

あ~またやってしまいましたがっくり

腰です。

咳喘息・逆流性食道炎それに新たに腰痛が仲間入りですorz

いったい私が何をしたというのでしょう?
それとも、前世で何か悪いことをしたのか??
夫の厄が全部私にふりかかってきたのか???

もともと腰椎椎間板ヘルニア持ちではあります。

後にブログでも書こうと思っていたのですが、
これが私の本格的に不妊治療へ踏み込めなかった原因の2つ目の理由です。

(一つ目はよろしければこちらです。)

ヘルニアは常に痛いわけではなく、
何かのきっかけ、たとえば

高いヒールの靴を連日履く・長時間の車の運転・無理な姿勢を長時間とる・・・

で再発します。

初めてこの症状が出たのは、27才のとき。

営業で連日車の運転をしていたところ、
ある日突然左下肢がしびれてきました

びっくりした私は、
「これは絶対脳腫瘍だ!」
と思い、脳外科へ直行アイコン名を入力してください

すると、脳外科の先生が
「じゃあ、腰のMRI撮ってみましょうか。」
と・・・

このとき、初めて腰が原因でしびれが出ることがあるということを知りました。

それからマルっと10年、ヘルニアとのお付き合いです。

これが、すぐよくなると思っていたのに、
なかなか回復の兆しが見えず苦労しましたガーン

ヘルニアのために、車での営業職は出来なくなり
前職を退職することになってしまいました涙

咳喘息のときと同様、病院を転々とし
やっと見つけたのが現在の骨盤矯正の先生です喜ぶ

「週1回45分の施術と、自宅で自分で出来る腰痛ベルトを使った腰回し運動。」

これを続けることで、今まで通りの生活を送れるようになりましたハート

じゃあ、なんで再発をしたのか!?

まあ、「喉もと過ぎれば熱さを忘れてしまう」この私の性格のせいでしょう。

腰を一度患うと、基本的に一生お付き合いしていかなければなりませんガーン

ということは、症状が全くなくなっても
月に一度は骨盤矯正してもらい毎日の腰回し運動は続けなければいけないのです。


なのに・・・
良くなると、「まあ、いっか!」
と、何もしなくなってしいます。

そして今回で2度目の再発大泣き

完全に自業自得ですがっくり

前回の再発は昨年の春。

そのときはもっとひどくて、内診台にはとても乗れる状態ではありませんでした。
ということで半年間、骨盤矯正・腰回し運動・ヨガ・・・

不妊治療開始に向って「ロッキー」のように努力しました。(古っ!)


あのとき、もう二度と再発しないようにしようと思ったのに

なのになのに、何で~っ!!

自分のばっきゃろ~!!!


とりあえず、内診台に乗るポーズをとってみましたが、いけそうですほっ

中腰・前かがみは恐ろしく痛いですが・・・怖い

しばらくはロボットのようにしか動けそうにありませんショッキング!

仕事も休める状況ではないのですが、
「とても通勤ラッシュは無理!」
とうことで、あと30分くらいしたら出勤しようと思います。


はあはぁ 腰もみ先生の予約をとらなくては。


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
・不妊治療以前 | コメント(4) | トラックバック(0)

咳ぜんそく

2009/06/18 Thu 23:14

D21  体調・・・認めたくないけど多分カゼ


会社でカゼが流行ってますますく

みんな同じように喉の痛みと辛い咳を訴えています。

ここ1年ひいてなかったのに、気の緩みもあったんだと思います。

とうとうもらってしまいました大泣き


私は絶対にカゼをひいてはいけないのにがっくり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本格的に不妊治療を始めてからまだ1年半ですが、

私の中では、その3年ほど前から「赤ちゃんまち」してました。

本格的に不妊治療を始められなかったのには、3つの理由があるんです。


・理由その①  咳喘息  

4年前の冬、カゼをひきました。

熱・鼻水・喉の痛み・咳・・・カゼのフルコースでした涙

ほとんどの症状が治まったのに、咳だけが2週間経っても、3週間経っても

良くならず、それどころか、どんどんひどくなるばかりでしたにゅーん

個人病院2件、大学病院1件と回りましたが、

血液検査・レントゲン・CTすべて異常なし汗とか

先生がたも、なぜ治まらないのか首をかしげるばかりでした。

咳止め・漢方薬・抗アレルギー薬・・・

どれも効きがいまいちか、切れるとまた咳が出始める。

そのまま3ケ月苦しみましたはぁ


そして、ネットで検索してやっとたどりついた言葉それが、

咳喘息
  ・咳喘息とは・・・カゼの後、2~3週間(半年、数年という場合もある)咳が続くもの。
            喘息との違いはまさに「咳」のみで、ぜいぜい感、呼吸困難はない。
            痰は出ても少量。
            咳喘息の人は約30%が喘息に行こうするとも言われているので、
            早い段階でのステロイドの吸入・内服、気管支拡張剤により
            気道の炎症を抑えることが大切。普通、咳止めは効かない。



今では、少し聞くようになった病名ですが、当時はまだ「咳喘息」を診断できるお医者様は

ほとんどいませんでした。(大学病院でも分からなかったわけですからね怒り )


やっとのことで、探し当てた病院で、またもやレントゲン・血液検査・肺活量検査

そして、やはり「咳喘息」という診断を受けたのです。

受診したときには、もう会話が出来ないほど咳が出ていたので、

口径ステロイド薬を処方されましたカプセル


その後処方されたのが、


200906182230000.jpg
①ホクナリンテープ・・・1日1回、肌に直接貼り、気管支を拡張し呼吸を楽にしてくれます。



200906182232000.jpg
②キュバール・・・吸入ステロイド剤。一日数回左の器具を本体に差し込み吸入。
            強い抗炎症作用がある。


①の張り薬のおかげで、夜咳に邪魔されずにぐっすり眠れるようになりました。
  注:最初心臓に近いところに張ったら効きすぎて動悸がしてびっくりでした


②の吸入ステロイド剤は、最初は朝2回・夜2回(ひどい時は昼会社で2回)吸引。

回復の進度によって、吸引の回数は減ってきます。
  注:私の場合は副作用で声枯れが発生し、今も少しハスキーボイス


「咳喘息」と分かってから、完治するまで約半年もかかりました。

この病気のやっかいなところは「再発しやすい」ということ。

しかも、吸引ステロイドは肝臓へ溜まることもないので、

安全性が高いと言われているのですが、先生からは

「不妊治療はお勧めできません。」

と通院中は不妊治療禁止令が出てしまいました。


その後も再発を3回繰り返してしまったので、不妊治療に入れなかったんです大泣き

長く続く咳の辛さと、不妊治療に入れない悔しさを

もう2度と味わいたくない!!

と思って、ず~っと気をつけていたつもりなんですが・・・

のどもと過ぎて熱さを忘れてしまったんだと思います・・・反省ですorz


とにかく、再発しないうちにとっとと治さなければ

喉に良いことはなにかしら??


夫にも、日ごろから「気をつけろ!」ときつ~く言われているので

絶対言えません。(バレないように、あまり会話しないようにしてます。)


思い当たるかたは、早めに受診してくださいねbikkuri01



にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村


 









・不妊治療以前 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。