スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

頑張った卵紹介します

2009/12/21 Mon 01:30

移植してからというもの出血するたびにドキドキしてたのに
生理の出血は安心して受け入れられますにこっ

それにしても、今回の生理の出血量は
若い頃にもどったように大量です血

これで一気にβ-hcgも下がってくれるといいんですが・・・



採卵&移植の準備をすぐにでも始めよう絵文字名を入力してください

と思ったんですが、今年いっぱいはゆっくりすることにしました。

ということで、この土・日は身体に悪そ~なものをいっぱい食べました食事
(パスタ・ピザ・ケーキ・アイスクリームなどなど)


また、ここ数日すっぱいぷどう理論のお世話になりまくりです。

あ~、大掃除が心おきなくできるわ手書き風シリーズ矢印上

忘年会でお酒をお断りしなくてもいいし手書き風シリーズ矢印上

友達との旅行も行けるし手書き風シリーズ矢印上



となるべくプラス思考でいるのですが、
しばらくするとまた、「どうしてダメだったんだろう・・・」と考えてたりしてます涙


今は、夫もとてもやさしくしてくれますが
あまりウジウジしていると愛想つかされそうなので
そろそろもとに戻らなくちゃダメですね困り顔




今日は、今回移植した胚盤胞たまごを紹介しようと思います。


実際目にする胚盤胞はお手本のような卵が多く、
『見た目のグレードだけでは分からない』と頭の中では理解していても
自分のは本当に大丈夫?て毎回心配になります。


クリニックを卒業できたら、「こんな卵でも頑張ってくれるんですよ~」
と紹介するつもりだったんですが、「こんな卵でも着床するんですよ~」
てことで載せることにしました絵文字名を入力してください (説得力なくてすみませんぺこり



4細胞
採卵から2日目、4分割(グレード2)です。
採卵時から形がイビツでこの時点ですでに
フラグメントが出ています。




初期胚盤胞
培養から113時間後。
初期胚盤胞になった状態です。




胚盤胞NO.2
培養から121時間。
どれが細胞でフラグメントか区別がつかず
このあとアシステットハッチングされます。




処理前
透明帯を取り除いた状態です。
右下からビロ~ンと出たものが
フラグメントだそうです。




処理後
これがフラグメントを取り除いた状態です。
きゃ~、もうだいぶ不細工です。
このあと、培養から145時間で無事に凍結されました。





ミジンコくん
そして、これが移植前に融解した直後の写真です。
「ミジンコくん」て名付けた気持ち分かっていただけますか?
ちょっと宇宙人の頭のようにも見えます。




私たち夫婦の受精卵は、毎回このフラグメントに悩まされますにゅーん
夢クリの培養技術なしでは、凍結まで至る卵はできないのではないか?
と思っています。


移植待ちの卵は、あと2つ。
当然今回移植した胚盤胞より、もっと見た目は不細工です涙


それでもいいです。
どうか、2つの卵ちゃんのどちらかが運命の卵でありますようにキラキラ


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・夢クリ(フェマーラ周期② 採卵~移植) | コメント(11) | トラックバック(0)

D30・BT12 2回目判定日詳細

2009/12/19 Sat 03:20

2回目判定日から3日が経ちました。

「もう治療なんかヤダ~」

治療に関する手帳や資料を押入れの奥にしまいこみパソコンも開かず、

食べるは、飲むは、泣くわ・・・・・・ダメダメな生活をしていました。



そして、さっきちょっと自分のブログを見てみようかなあ~
と開いてみると、あまりのアクセスの多さにびっくりしましたアップロードファイル

それに、たくさんのポチをいただいていて、

コメント欄を閉じてしまったのにもかかわらず、
拍手のほうに温かいメッセージをいただいていたりと
うれしくて涙が出ました。

それと同時に、この数日の不甲斐ない自分を
深~く反省しましたがっくり


温かい応援ありがとうございましたぺこり

今は元気です。



今朝、生理になりました血

いつもの月より たった3日くらい遅いだけできっちりやってきた『生理』を確認したら
もう吹っ切れちゃいましたアップロードファイル






まずは、3日前の『2回目判定日』のことを書きますね。


この日は、β-hcgが前回の約10倍欲しいところだったんです。
ところが、診察のとき手渡された紙には悲しい現実が印刷されてました涙


ホルモン値

E2:109  P4:4.1  β-HCG×10:31.8

ちなみに、β-HCG数値は
BT4→13.2 BT7→85.7 BT12→31.8 


あまりにもはっきりした数値に涙も出ませんでした。

院長先生、この日はとてもやさしく実に丁寧に
色ペンを使いながら説明してくださいましたくり抜きハート1


院長  「完全に失速やね。 BT4のβは34あれば十分なんよ。
     それが13もある。 これは頭打ちやね。

     BT7のβ85.7は数値としてはいいんだけど、
     最初が13だから、本当は100は欲しいところやね。

     伸びがいまいちやね。
     それで今日は完全に失速やね。
     最初にこんなに数値がよくて、ここで失速してしまうようなパターンは
     めったにないんよ。

     本当にこれはめったにないパターンやね。」


私    「それは、私のほうに問題があるってことですか?」


院長   「いや、着床しとるから子宮には問題ないですね。
       とりあえず5日後にもういっぺん来てみて。」



やっぱり、判定日にβ-HCGが80以上あって
2回目判定日までに失速してしまうような人は、あまりいないようです困り顔




診察が終わったら、身体の力が抜けてしまいました。
会計を済ませても動く気になれず、ソファーでボケ~と座ってました。


30分くらいたって、仕事に戻らなくてはいけないことを思い出し
同じビルの『エクセルシオール』へ行き軽食を食べようとしました。


パンを口にほおばった瞬間、なぜか涙がドバ~涙


ど真ん中の席に座ってしまったので、周りから丸見えでした絵文字名を入力してください


じろじろ見られてるのは分かったんですが、
自分ではどうにも止められず、結局泣きながら食べ続けました。


「悲しい」「悔しい」「辛い」どんな言葉も当てはまらない
本当に意味の分からない涙でした涙



泣きっ面が分からなくなるまで2時間ほどそのまま滞在し、
その後も無気力なまま、町をふらふら・・・


会社にもどった頃には、日もとっぷり暮れてました。
当然、会社では私が「行方不明」になったとちょっとした騒ぎになっていました顔文字1(背景黒用)






移植からこの日まで、12日しかたってないんですよね。

この10日あまり 気分が上がったり手書き風シリーズ矢印上下がったり手書き風シリーズ矢印下

出血をして、生きた心地のしない日があったり。

ちょっぴり身体に変化が出てきたり。

と自分の中ではいろいろなことがあり、後で手帳を見て

「えっ! たったの12日!!」とびっくりでした!!



やっと、出口が見えてきたかな?と思えたのに

また振出しへ 戻されてしましました涙

振出しへ戻っただけでなく、強制的に「休み」付きです。



次回の治療開始は、β-HCG の下がり次第で決まります。

限りなくゼロにならないと再開できないと聞いていますが、
どれくらい時間がかかるものなのでしょうか?



まあ、気長に待ちます絵文字名を入力してください


この期間を無駄にしないように、
次回の採卵&移植に向けて、自分なりに出来る努力をしてみようと思いますファイト



それにしても、いったいいつ卒業できるんだ~怒




今日からまたカテゴリーを変更させてもらいます。
治療再開まではこちらのカテゴリーでお世話になります。
これからもよろしくお願いします。

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
・夢クリ(フェマーラ周期② 採卵~移植) | コメント(28) | トラックバック(0)
本日2回目判定日でした。


タイトルのとおり、残念ながら失速してしまいました。


今は、ただ無気力です。


でも、なんだか意味の分からない涙がたくさん出てきます。



今日のことは、気持ちの整理がついたら書きますね!


にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村



・夢クリ(フェマーラ周期② 採卵~移植) | トラックバック(0)

D25・BT7 判定日

2009/12/13 Sun 19:07

判定日から、またまた気分が上がったり手書き風シリーズ矢印上 落ちたり手書き風シリーズ矢印下
してしまって、自分のブログに向う気持ちになれずにいました涙

なぜかは後ほど・・・




まずは、判定日のことを書こうと思います。



12/11(金) 11時に夢クリへ病院

雨が降っていて天気が悪かったせいか、
いつもと違ってとっても空いていました。


でも、なぜか採血後3Fで待つように指示がありました。
(空いているときは、そのまま4Fで待つときがほとんどです。)

「まあ、院長診察だから仕方ないか!」

と思って待つこと約30分、
「4F 処置室」の指示が出ました。



4Fに上がると座る間もなく、
1番診察室からお呼び出し。

疲れた院長の声でした。


診察室に入ると、無精ひげをはやし
あきらかに、ほとんど眠っていないであろう
院長のお姿でしたびっくり


院長 「は~い、今日は判定日ね。
    着床はあるようやね。 5日後、2回目判定日ね。」



と何ともよわよわしいお声jumee☆uuummm1b

注射もお薬もなく終了!でした。



ホルモン値

E2:96  P4:35.6↑  FSH:3.3  β-HCG:85.7


判定日だけの数値としては、とてもいいんです。

でも、私の場合『中間判定』で β-HCG:13.2という
思いがけない好成績を出してしまっているんです。

だから判定日には、約10倍の数値が必要だったんです。
ところが6.5倍にも達してないんです涙



そして、体調の変化。


①判定日の前日くらいから生理痛のような痛みが始まりました。

②相変わらず 常にうんこがしたい感じがあり、
 ときおりお尻や肛門付近にズキ~ンとする痛みが走っていました。
 (これは妊娠と関係ないと思っていたのですが、検索してみたらそういう症状が出る人もいるんだとか)

③やはり、判定日の前日くらいから やや胸が張るかしら?
 といういまいちはっきりしない症状があらわれました。



それが今朝からまったくなくなりました涙



は~、ガックリですがっくり



でも、まだあきらめてはいませんよ絵文字名を入力してください


一生懸命、夫とお腹に向って

「ミジンコくん、頑張れ!」て応援していますこぶし
(移植前の融解後の写真がミジンコそっくりだったので、勝手にミジンコくんと名付けてみました)

この名前がお気に召さないのかしら!?


2回目判定日は水曜日。

長いなあ~


にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村



・夢クリ(フェマーラ周期② 採卵~移植) | コメント(17) | トラックバック(0)

D22・BT4 中間検査

2009/12/09 Wed 22:26

昨日は中間検査の日でした。

以前にも書きましたが、この日は黄体ホルモンの検査の日で
不足している場合には注射や投薬があります。

しかし、ほとんどの患者さんが気になるのは
同時に測定されるβ-hcgの数値。





昼休憩をよそおい 仕事を抜け出しての通院だったため、
昼ギリギリに夢クリに入りました。





血液を採られてから診察まで、前回の撃沈が頭をよぎり
不安で、不安で

心臓はバクバク、手汗も脇汗もダラダラ、
緊張で胃が痛くなり、気分も悪くなってきました。





やっと自分の番号が呼ばれ診察室に入り、
カルテに挟まれた ホルモン値の印刷された紙を盗み見しようと思いましたが
肝心のβ-hcgの数値だけが かくれて見えませんでした。


院長 「今日はホルモン値のチェックね。 
  
    黄体ホルモン30あるから問題ないね。  

    じゃあ、次判定日ね。」


とあっけなく終了。


最後に手渡されたホルモン値を恐る恐る見ると、

LH:4.0  P4:30.8  FSH:5.7  β-hcg:13.2


信じられませんでした。 ゼロじゃありません。
しかも、中間検査の日は5.0あれば充分だと思っていたのに
予想外に二桁数値。


初めて見るβの数字に、診察室を出てからも呆然・・・
会計を待つ間も数値をじっと見つめてしまいました。


会計を済ませても、会社に帰る電車の中でも
ぜんぜん実感が湧いてきませんでした。





会社にもどり、パソコンに向いましたが
緊張から解放された疲れか ぐったりして何もする気になれず
ボーとしていました。



しかし、しばらくすると何だか下腹部に鈍痛を感じました。


おや? これが妊娠初期症状? 
それとも、β-hcgの数値を見て意識したから??


「何か変・・・」と思いトイレに行きました。


すると、トイレットパーパーがピンク色になりました。

えっ? 出血??



でも、少量だったので「体外受精ではよくある話じゃない!」
とあまり気にしていませんでした。



しばらくして、もう一度トイレに行ってみると
さらに出血が増えていました。


BT4で安静なんて聞いたことないし、仕事は途中で帰れる状況ではなかったので
びくびくしながらも、何とか定時まで仕事をこなし
帰る前にもう一度トイレに行ってみました。


すると、おりものシートではどうにもおさまらないくらいの出血で
便器が真赤になっていました。


さーっと血の気がひきました。


なんで? まだやっと始まったばかりなのに、これで終わっちゃうの?



夢クリに電話しようとも思いましたが、
「安静に!」としか言われないことは分かっていたので やめました。


「とにかく横にならなくちゃ!」と思い、
昨日は帰宅してから ひたすら横になってじ~っとしていました。




今朝目を覚まし、恐る恐る基礎体温計をのぞき込むと
まだ高温期を保っていてくれました。


仕事に行く気分ではなかったのですが、
どうしても休める状況ではなく、
出血も落ち着いていたので 行くことにしました。


嫌な予感はしたのですが、
会社につくと昨日の悪夢再来です。



もう、お願いだから出血止まって!



心の中で何度も叫びました。


しばらくすると、何やら変な感覚があり
トイレに行ってみるとドロンとしたものが出てきていました。


それからは、出血も茶オリに変わりました。


そして、良いのか悪いのか お腹のにぶい痛みもどこへやら。



もしかして、卵ちゃんもバイバイしちゃったのかな?

昨日、βの数字を見て実感もまだ湧いてないのに、
これでダメだったらひどすぎます。


何が悪かったんだろう?
診察前にあんなに緊張しちゃったから?


判定日前に検査薬を使ってみようと思っていましたが、
もう、怖くて使えません。


卵ちゃん、居心地の悪いお腹でごめんね。
もし、まだいてくれるなら
濁流にのまれないように、しっかりつかまっていてね。



判定日は、12/11(金)です。



にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

・夢クリ(フェマーラ周期② 採卵~移植) | コメント(34) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。