スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

迷走を続けたホルモン値

2010/09/21 Tue 20:09

今の治療に追いつかなくてはいけないので
どんどん書いて行きますね


まず、前回ピルのリバウンドで D3にして

LH:28.6  FSH:26.0

という驚異的な数値をたたき出したことまで書いたと思います。



その後は というと・・・



D10  女医さん
 
 E2:218  LH:11.7 FSH:6.7 P4:0.3

 一見、FSHも下がったし良い感じに見えますよね。
 ところが、D3でFSHが高かったせいで、
 卵胞が大量に育ってしまい、この段階で10mm前後の卵胞が
 20個以上 育ってしまったんです
 なのに、E2は218しかないし。。。
 女医さんも、「ん~」とうなるばかりでした

 ※次周期、AMHの再計測を言い渡される



D12 おじいちゃん?先生

 E2:55 LH:45.3 P4:0.6 FSH:14.0

 D10のとき、FSHが6.7まで落ちてしまったため、
 卵胞を育てる力が無く、今回E2が急降下
 LHとP4が上がってきてしまっているので、
 排卵せず このまま黄体化してしまう可能性を指摘される。
 この段階では、まだ採卵の可能性を追求していきたいと言われる。

 ※D3でFSHを助けるために、フェマーラを処方すべきたったと言われる。
 (この発言に転院が頭をよぎりました。)




D17 やっと5番先生

 E2:379 LH:163.4 P4:1.5 FSH:21.3


 卵胞が1個にしぼられて、排卵寸前の状態。
 P4が排卵もしていないのに、1.5もあるので
 採卵したところでどうしようもない卵との指摘を受け
 バッサリ気持ちよく切られる



とまあ、こんな感じでさんざんでした。
D3では かなり落ち込みましたが、
泣くだけ泣いたら 吹っ切れて淡々と通院してました



以上が7月の通院記録です。


8月は、D3が平日だったため
ど~しても仕事を抜け出すことができず諦めました。

7月のホルモン値も最悪だったし、
お薬の影響を抜くにはちょうど良い休みかも
と前向きに考えることにしました。


この後、仕事がさらに忙しくなり
私の勤めている会社は女子社員が50人弱なのですが
4人過労でギブアップし、そのうち1人が入院と
前代未聞の事態となってしまいました

ちなみに、私の部署は全員無事です


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・夢クリ(完全自然周期⑧ 採卵のみ) | コメント(11) | トラックバック(0)
7/5(月)に、ピル(プラノバール14日間)服用後
D3の通院に行ってきました


プラノのおかげで、残卵もなく良いスタートが切れればいいな
と かなり期待して行ったのですが、とんでもないことになってしまいました




この日は、3番のおじいさん先生に始めて当たりました。
縁側とお茶が似合う これまた院長とは真逆の
おっとりとした先生でした。


良くブログでは、『頼りない』などと書かれていますが
今回は このおじいちゃん先生で良かった


きっと、院長や副院長だったら、
立ち直れないほど ケチョンケチョンに言われてると思います。






何が起きたのか?と言うと・・・





今回のホルモン値がピルの服用のせいで
跳ね上がり、ビックリ数値をたたき出してしまったんです





どんな数値だったのかと言うと・・・









E2 59






これは、今回はよかったんですが・・・








LH  28.6

FSH 26.0







前回のプラノの服用から1年半近く経過しているので
以前よりは、FSHが高くなっても仕方ないだろうなあ~
とは思っていたけれど、もうあまりの跳ね上がりぶりに唖然としてしまいました




FSHが高いのに加えて、私は早発LH。
もう、お先真っ暗って感じです




こんな数値にもかかわらず、
おじいちゃん先生は

「1個自力で育ちそうなのがあるから
 今回は自然で様子を見ましょう。」


と、実にマイルドに言ってくれました。



でもね、ネットで検索して下手に情報が入ってきてしまっているから
この数値がどういうことを意味してるのかぐらいは
自分でも分かっちゃうんですよね。


D3でこんなにFSHが高いと、
採卵したところで おそらく空砲


元にもどってくれればいいけど、
しばらく迷走して 卵が採れない周期が続くことも考えられます。



このクリニックにいる限りピルは二度と服用できないし、
誘発なんて当然ありえません。






今回は、さすがに凹みました


ホルモン値が印刷された紙をもらったとき
自分のものとは思えず、何度も自分ものか確認してしまいました。


自分のものだと分かっても、
信じられなくて ボ~っとしたままクリニックを出て
会社に向かい、淡々と仕事をこなしているうちに



ふと、


「ああ、このまま子ナシで 定年までしっかり勤めることになるんだろうな~」



と思ってしまった瞬間、
涙がドバ~っと出てきて 38歳のおばさんが
会社のトイレにこもってシクシク泣きました



どんなに頑張って治療しても
ダメなときもある。



それが、自分なのかもなあ~と最近感じ始めていたのものの、
治療の終わりが近いかもしれないことを
こんなに早く感じてしまうなんてとてもショックでした。



この数日、仕事が忙しくても
ちっとも気がまぎれることがなくて
本当によく泣きました。



もう少し早く治療を始めていれば・・・
ピルをもう少し早い時期に処方してくれていれば・・・



後悔ばかりしていました。







そして、ついに昨日 夫に気持ちをぶつけて
人目をはばからず、外で大泣きし夫婦仲まで崩壊するところでした




でも、それをきっかけに 何かふっきれて
やっと冷静に考えることができるようになりました





仕事が忙しかった、風邪をひいていて薬を飲んでいた、寝不足・・・
いろいろ要因はあったけれど、ここまで数値が跳ね上がるのは
私の卵巣機能が確実に落ちてきている証拠です。


IVFに踏み切ってから1年半強。
ほぼ毎月、卵巣に針さして採卵してるんですものね。
卵巣も もう嫌がっているんでしょう。



まだ諦める気持ちには なれないけど
今回の結果をしっかり受け止めて
残り少ないであろう治療時間を大事にしたいと思います。



そして、治療の終わりが突然やってきたときにあたふたしないように
夫と二人で過ごす将来のことも少しずつ想像しながら
生活して行きたいな、と思っています








この土日は、夫と大阪旅行に行く予定です



プラノを処方されたときに 看護士さんに通院予定日を確認して
最悪 土曜日が重なりそうだったので新幹線の時間を変更したんです。
なのに、全く予想外の完全自然周期で行くことになり
結局、変更して損してしまいました




でも、治療のことは忘れて
おもいっきり食い倒れてきます


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村





・夢クリ(完全自然周期⑧ 採卵のみ) | コメント(24) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。