スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

体調不良のその後

2010/04/27 Tue 00:00

感染症にかかってから約2ヶ月経ちました。



おかげさまで肝機能の数値は
いつもの正常値にもどりました

血糖値に関して「詳しく検査したほうがいいかも?」と
コメントをいただいたので そちらのほうも診てもらいましたが
今のところ糖尿病の心配もないそうです。



ホッと一安心と言いたいことろなのですが、
何度検査しても若干基準値を上回るものがありまして
結局精密検査行きとなりました


それが、アミラーゼ


健康診断でも検査したことがなかったので、
なんじゃそりゃ?と思っていたのですが
感染症にかかると高値を示すことがあるらしく
肝臓の数値と共に 毎回検査されていました


アミラーゼというのは、
膵臓で作られる消化酵素のことらしいです。



感染症が完治したのに この数値が高いままというのは
他の原因が考えられるそうです。


どんな病気が考えられるのかしら?
とパソコンで調べたところ 不安な病名しか出てきませんでした


膵炎・すい臓ガン・・・


へたれな私は もうすっかり病気の気分になってしまいました。
(検索なんて やめとけばよかった)
ああ、不妊治療もここで the end なんだ。
と勝手に落ち込んでいました。




「エコー検査を受けてきます!」てブログに書こうと思っていたのに
そんな気分には とてもなれず 先日こっそり受けてきました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



検査当日、朝着替えをしていて ふと
「エコー検査ということは下着を見られる。」と思い
はいていたベージュの下着を脱ぎ、
一度も活躍したことのない
スカイブルーの勝負下着に着替えました



病院で検査着に着替え待機していると、
検査中のカーテンの下から茶色の便所スリッパが見てたので
「ああ、技師さんは年配なのね!」
と勝手に解釈し、エコー画面を見るためにメガネを装着。
感染予防のマスクも しっかり付けたまま。


検査台の上に寝ころんで 入ってきた技師さんを見ると
なんと、35歳くらいのイケメン先生


スカイブルーの勝負下着に マスクとメガネ・・・
絶対おかしいですよね。


エコーどころではなく、緊張してしまい
メガネが曇らないマスクを付けていたのにもかかわらず
どんどん曇って前が見えなくなってしまいました

しかも、エコー画面は私からは全然見えなので
メガネの意味は全くナシ。
逆に先生の顔が はっきり見えすぎて余計緊張するし



「すい臓だけでなく、全部見ときますね~」と
胆のう・腎臓・肝臓なども念入りに診られ、

「卵巣と子宮も見ときますか?」と聞かれたのですが
「不妊治療で検査してもらってますので大丈夫です!」
と言って終わりにしてもらいました


いや~、内診には慣れてしまったけど
このエコー検査は恥ずかしかったです~




結果ですが、膵液を運ぶ膵管というのがあるそうなのですが
これが人よりちょっぴり太いらしいです。

これはあまりよいことではないらしく、
アミラーゼの数値が高く この膵管が太い人は
将来的にすい臓ガンになる可能性が通常の人よりは高いそうです。

まあ、今回のエコー検査では腫瘍などの所見は見られませんでしたが
半年ごとの経過観察となりました


将来は すい臓ガンで死ぬのか~とちょっぴり悲しくなりましたが
まあ、今悩んでもしかたないですからね。
半年ごとの定期検査しっかり受けますよ






さて、これで移植も再開!
と言いたいところなのですが、
感染症にかかったときに 咳が出始めてしまったんですよね。

私、咳が出ると自然治癒できないんです
吸引ステロイドの力を借りなくちゃいけないんです。

完全に良くなるまで 3~6ヶ月かかるんですけど
かかりつけの先生からは

「今の状態では妊娠はダメ!」

と言われてしまったので
もうしばらく卵ちゃには眠っていてもらうことになりそうです




まあ、私の人生ていつもこんなものです。
トントン拍子に行くことなんてめってにないですからね


ということで、しばらくは採卵だけを続けて行くことになりそうです。
そのあいだに卵貯金できるといいんですけど・・・


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。