スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

6w4d(BT27)心拍確認

2010/10/23 Sat 12:18

ご報告遅くなりましたが、
10/18(月)は心拍確認の日でした



前回同様、8時~8時半指定で
直接3F受付に診察券を渡します。



今回から尿検査も始まりました。
言われていなかったけど、お仲間さんのブログを拝見して
予想はしていたので 尿を溜めてのぞみました

のつもりだったのですが、どうも最近トイレが近く
行ってみてもあまり溜まっていないパターンが多く
この日もカップの下にうっすら溜まるくらいしか採れませんでした

仕方がないので、そのまま提出してみました。
でもその後何も言われなかったので
少量でも大丈夫みたいです



前回の胎嚢確認のときは
8時半から院長内診が始まったのですが
この日は待ち時間が長かった。


おそらく10時を回っていたと思います。
やっと内診室前に呼ばれ、
尿が溜まっていると怒られるので
素早くトイレを済ませ、スタンバイしました。


ドキドキして待っていると、隣りに座っていたかたが
「移植、一緒の日でしたよね!」
と声をかけてくださいました

不安で不安でしかたなかったので、
内診までのしばらくの間、いろいろお話することができ
気持ちを落ち着かせることができました

同じ境遇のかたとお話できると
本当に心強いです




そうこうしているうちに、内診室から呼び出しがかかり
服を脱ぎスタンバイしてドキドキしながら待ちました。



そして、いよいよ そろ~りとプローブが入れられ
目の前のモニターには、袋の中でどう見ても団子にしか見えないものが2つ
そのうちの1つが ピコピコと動いているのが見えました
(団子のうち1つは、卵黄嚢のようです)

自分の中に、もうひとつ別の心臓がある・・・
何だかとっても不思議な気分です






診察


院長  「心拍は確認できたね。
     目に見える出血はないけど、尿潜血が+になってるから
     引き続き安静ね。」




今回は、このまま終わってはいけないと思い
ここでお願いをしてみました。




私   「ときどき茶オリがあるので、仕事を休みたいと思うのですが
     診断書を書いていただくことはできますか?」




院長  「これぐらいの出血では、今は書けんのよ。」




私   「・・・・・。」



院長  「書けんね。」




私   「では、自己責任ということですね。」




院長  「そうやね。」




ということで、休むことなく今も仕事に通っております。
幸いにも、今週に入ってからは 茶オリも治まり
ドキっとするようなこともなくなりました



その他の症状は?というと
それも、まちまちで ときどき生理前のような違和感を下腹部に感じたり。

つわりは?というと
私はどうも軽い部類らしく、朝起きた空腹時が気持ち悪く
ハミガキしたときに おやじのように「おえ~」となるくらいで
それも、日によって違うので いまだに本当に妊娠してるの?
と思ってしまうくらいです。



心拍確認ができたら、不安も少しは無くなるかと思いましたが
診察から日が経ってくると、大丈夫かしら?
とまた ときどき頭の中にもやもやが襲ってきます

もっと強くならねばいけませんね


尿検査結果
ウロビリノーゲン 正常
ケトン体      -
糖定性       -
蛋白定性     ±
潜血        +
pH         5
比重       1.030


胎嚢大きさ    22.5mm 9.3mm
(ウィンナー型でちょっぴり小さいようにも思ったけど、
院長に何も指摘されなかったので今日のところはこれでいいんだと思うことにしました)


心拍       125bpm


ちなみに、この時期の夢クリの基準値は
胎嚢サイズ:15-20mm
胎児心拍:110-130/分



今日で、7w2d。
次回の診察は 10/28です。

にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・夢クリ(フェマーラ周期⑥ ドミノ移植) | コメント(27) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。