スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

乳汁

2009/09/16 Wed 00:50

本日D26。
もう、一週間もすれば「女の子の日」がやってきます血

この時期になると始まるのがPMS(月経前症候群)怒り

これが、症状に大差ないものの 軽いときと重いときがあります。


私のおもなPMSの症状は・・・
①頭痛 (←これが一番悩みの種)
②口内炎 (巨大なものが2・3個出来て食事も辛い。 しかも今回は扁桃腺近くに出来てめちゃめちゃ痛い)
③おっぱい痛

これが私の三大PMS汗

本日は③「おっぱい痛」について

若い頃(20代まで)は、生理前になると おっぱい全体がとっても痛く
電車の中で、軽くぶつかるだけで「ヒャッ!」て声が出てしまいそうになったくらい手書き風シリーズ矢印下

それが最近は、「乳首」だけがとっても痛くて
自分では 倍に大きくなっている感じがします。
そのせいか、この時期だけ 乳汁が止まる絵文字名を入力してください



そう、私は常に乳汁が出ます笑

それに気付いたのは、20代前半。

夏、家でノーブラに ペラ~ンとTシャツ1枚の格好でいたところ
Tシャツの乳首のあたりに 何やらシミができていました。

おやっjumee☆b と周りを見回しても、水気のあるものは見当たりません。

まさかねえ~、と思い おっぱいをつまんでみると
勢いよく 「 ピュー汗」と飛び出るではないですかビクッ

えっっ 絵文字名を入力してください

と 飛び上がるほど驚きましたが、
「もしかして お年頃の女性は お乳が出る経験を 1度はするのかも?」

な~んて、無知な私は 友達に聞いてみることにしました。

聞いた友達は みんな「NO!」

あげくの果てには 「それは やばいから病院に行ったほうがいいよ。」と・・・。


いやいや、やっぱり 「カエルの子はカエル」
きっと母は同じ体質だろう。

しか~し、やっぱり母も「NO!」

仕方なく、母のすすめる大学病院にいくことにしました困り顔

そのとき 初めて婦人科を受診したので、
内診という言葉さえ知りませんでした。

名前を呼ばれて指示された病室に入ると、
見たこともない椅子が用意されていて、下着を脱いで
足を大開脚状態で座らされました。

婦人科というのは、こういう診察なのか!?

先生が入ってきて、いろいろ質問されながら
私の大事なところをいじっているではありませんか絵文字名を入力してください

もう、恥ずかしいやら 緊張で心臓ばくばくやらで 失神寸前でしたガーン

そのあと、今度は上半身裸にされて おっぱいを
ムギュ~
とつままれ乳汁をしぼり出されました。

そして、大学病院だったので 外科にも回され
乳がん検診と称して またもやおっぱいをムギュ~

最後に血液検査をしてその日は終了。

なんだか、帰り道悲しくなってしまって 涙ぐんで帰ったのを覚えています涙

あの日は 母を恨みました。
婦人科というところが どういうところなのか きちんと教えておいてくれれば
あんなに嫌な気分にならなくて済んだのに・・・


数週間後、結果を聞きにいくと
・ ホルモン値問題ナシ
・ ガン検診問題ナシ


ただ、乳汁が出ると将来 不妊症になってしまう可能性があるので
乳汁を止める薬 (=カバサール)を処方されました。

しばらく、薬を飲んでいましたが
副作用がひどく ゲロゲロ吐きまくりだったので勝手に中止してしまいました。


それ以来、現在まで「乳汁」とお付き合いしています。
それが 乳首痛が始まる生理前になると、ピタッ!と止まるんです笑

でも、生理が始まると 溜まっていた分が一気に放水されるので
Tシャツ1枚では危険ですjumee☆uuummm1b

今のところまだ、ホルモン値は正常ですキラキラ

でも、なぜか ドップリ不妊症につかっています困り顔

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
・日々のできごと | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。