スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ピルの副作用

2009/03/23 Mon 22:24

ピルの重大な副作用である血栓症について何度か書いてみましたが、

では、なぜピルを飲むと血栓症になる場合があるのか??
と疑問に思い、またネットで検索してみましたマウス(左クリック)

卵胞・黄体ホルモン配合剤
 生体内でのトロンビン生産が増加して凝固活性化をきすという報告が
 いくつか見られるが、その機序については不明な点が多い。
 凝固阻止因子であるアンチトルビン他の血中濃度が低下するという報告がある。
????????????????????????????????????????


要するに・・・

 ホルモン剤の服用で、
     凝固が活性化される場合と凝固阻止因子が少なくなる場合
      両方が報告されている


 て、やっぱりはっきり分かってないらしいおちこみ どっちがホントやねん 怒る。


そこでふと、


ん??

ホルモン剤ていうことは、他の処方された薬はどうなの???



て疑問が湧き、移植前に飲む合成黄体ホルモン剤

デュファストン


の副作用は。っとマウス(左クリック)

吐き気・食欲低下・頭痛・めまい・腹痛・乳房のはり・下痢etc.


重大な副作用



血栓症



やっぱり~ がーん

でも診察のとき2番先生が、

「ピルのような血栓症の危険はないですからね。」

て言ってたので、それを信じましょう 涙
(血液検査のとき、Dダイマーの測定もなかったし)

とにかくホルモン剤を服用する際には、体調の変化に気をつけなくては。ですねニコニコ。 正面          





スポンサーサイト
・未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。