スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

無事に終わりました

2009/04/01 Wed 11:55

火曜日に義母の手術がありました。

手術前、看護士さんからの説明では

「約3時間ほどかかります」

と聞いていました。

義母が「バイバ~イと手を振って手術室に入っていったのが午後3時

ところが予定の午後6時を過ぎても、いっこうに終わる気配がありません。

旦那様と私は不安で、自然と会話の内容がマイナスの方向に行ってしまいましたおちこみ



そして夜9時を過ぎ、途中から叔父・叔母も合流し、コンビニで買ってきてくれた

「サンドイッチ」と「おにぎり」を食べていたとき、

執刀してくださった院長先生が病室に入ってきて、

切除した患部を見せながら病状説明をしてくれました。

手術が成功し無事に終わった ことが分かると、

やっとみんなに笑顔が戻ってきました笑い。

先生が病室を出て行かれたあと、旦那様も私も患部をみてしまったため、

食べ物をそっと、置きました・・・。

しかし、叔父だけは残りの「サンドイッチ」を必死で食べていましたにが笑い3




その後、意識がまだはっきりしない義母が病室に運ばれてきました。

その表情は我慢強い義母からは想像できないほど辛そうでした。

今まで、弱音を吐いたことなどなかった義母なのに

「痛いので何とかしてください」

と弱い声で何度も訴えていました。

それを聞くのが全員辛くて、何度も看護士さんを呼んでは

痛み止めを打ってもらいました。


12時近くまで近くにいましたが、うめきながらも義母が

「帰れ」

と言うんです。

手術前に、

「2日間も仕事を休ませてしまってごめんね。」

と人に頼ることを嫌う母は、すごく私たちが仕事を休んだことを気にしていました。

一人ぼっちで痛みと闘わなければならない義母がかわいそうで、

とても帰る気にはなれなかったのですが、旦那様が

「帰らないと、おふくろ心配するから。」

というので

「がんばって」

と二人で最後に声をかけて、病室を出ました。



夜8時まで面会できるので、今日から旦那様と交代で義母に会いに行くことにしましたニコッ♪

本日は、旦那様がお見舞いに行きました。

まだ動けないけど、手術直後よりもだいぶ元気になっていたようです♪

明日は私がいきます。

義母が退院するまでは、旦那様とは別居です。

ちょっと寂しいですが、義母には早く元のように元気になって欲しいので頑張りますグー!








にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
・未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
良かったですね~
手術成功、良かったですね~一安心(^-^)
予定時間を過ぎて連絡がないと色々な妄想が頭を駆け巡り
不安をあおりますよね^^;
皆さん家族思いの方ばかりで、家族ってやっぱり良いなって思いました。
お義母さんも早く回復して退院されるといいですね!
らーたんさん達が側にいるだけできっと大きな力になっているでしょうから
頑張ってくださいね!
最後に。。。
サンドウィッチを急いで食べている叔父さん、
なんだかカワイイって思ってしまった^^;
ベビさんへ
コメントありがとうございます(^o^)
生きた心地のしないこの数日間でしたが、ほんとやっと一安心です!
ご心配いただいてありがとうございました。

看護士さんのように、義母の苦痛を直接軽減させてあげられればいいのですが、
側に付いていることしか出来ない自分がもどかしくなってきます。
だからベビさんの「側にいるだけできっと大きな力になるでしょう」という言葉はとてもうれしいです(^-^)
退院までは、もう少し時間がかかりそうですが、出来るだけ側にいようと思います。


内蔵を見ても平気で物が食べられる叔父は、医者になったほうがよかったのではないか!?と思いました・・・。




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。