スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夫のおたまじゃくし①

2009/03/02 Mon 23:55

結婚して4年が経ち、そろそろ子供を・・・なんぞ考えはじめ、タイミングを見計らって挑戦していましたが、
全くそれらしき兆候が見られず深く考えずに地元の婦人科を受診してみたのが昨年の2月でした。
先ずは私のホルモン値が生理周期の間に何度か測定され、先生から
「次回は旦那さんの精子を持って来てください!」
と言われ、ビーカーが小さくなったような入れ物をわたされたのでした。
うわさにはきていたけど、こんな検査もあるのか~・・・
と家に帰り旦那様に手渡すと、どうしたものか困り果ててました困り
採精当日、悩んだ旦那様はな・な・なんと~
個室ビデオ店に出かけて行ったのでしたがーん
そんなこんなでやっとの思いで病院でおたまくんを提出し1時間程待っていると、
「らーたんさん~」
と呼び出しがあり、私ひとり診察室に入りました。
(旦那様は恥ずかしがって、駐車場で待機してました。)
すると・・・
「らーたんさん大変!! 旦那様精子1匹もいないわ~」
何も考えていなかった私は
「・・・」
もう変な耳鳴りがしてきてしまいました。
先生からは聞いたこともない精巣上体からの精子採取法や養子の話まで飛び出してきましたが、
もう何を聞いても冷静でいられませんでしたガーン
1月後にもう一度検査をすることになり、その間旦那様の大好きなジャンクフードやスナック菓子は極力控えてもらい、睡眠時間は十分とってもらいました。
その甲斐あってか2回目の検査ではわずかながら発見され、先生からも
「何とか顕微ならなるかも?」
というお言葉を聞くことができました。
自分たちがまさかこんなことになるなんて思ってもいなかったので、かなり落ち込みました。
そんな訳でいきなり体外受精からのスタートとなってしまったのでした。
スポンサーサイト
・男性不妊 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。