スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

治療に対する温度差

2009/05/06 Wed 21:08

先日、入院中の義母のお見舞いに実母が来てくれました♪


その帰りに夫・母・私で昼食をとることにしました。

病院の近くに「うなぎ」の美味しいお店があります。

私はあまり好き嫌いはないほうなのですが、

ど~しても「うなぎ」だけはダメなんですガーン

脂っこすぎるのと、裏返したときのあの模様がどうも苦手なんです汗とか

唯一「ひつまぶし」 
(うな重に乗っている「うなぎ」が細かくきざまれたもので、薬味をまぶしたり、お茶漬けにしたりして食べます)

は食べられるんです。

名古屋では主流でしたが、最近は関東でもよく見かけますよね。
(私は社会人になるまで、名古屋で育ちました)


前振りが長くなりましたが、私の母は「うなぎ」が大好物ハート

ということで、しぶしぶ「うなぎ」屋さんに入ることになりました。

ラッキーなことにこの店には「ひつまぶし」がメニューにありましたグー!


ところが、運ばれてきた「ひつまぶし」は、きざまれた「うなぎ」が大きくて、

なんらうな重と変わりありません絵文字名を入力してください

薬味を入れてみたり、お茶漬けにしたりして必死に食べましたがやっぱり限界怖い

こんなに無理やり食べ物を口に入れたのは、小学校の給食で

苦手なものが出てきたときに「残しちゃダメよ」と先生に怒られたとき以来でした。

こんな私のために犠牲になってしまった「うなぎさん」にごめんなさいですぺこり



そんなこんなの昼食中の会話で、母が私に向って、

 「あなた、まだあれ(←不妊治療)やってんの? もういいかげんにしたら。」

 「なんでそんなこと言うの?お母さんだって、孫がみたいでしょ? 
  
  きっと楽しいよ!」


 「そんなわけないじゃない。

  あっくん(←うちの旦那様のこと)だってもう40歳超えてるのよ。

  運良く数年後に子供ができたとしても、その後の生活を考えたら

  楽しいことなんて全然ないよ」



年齢の壁・・・。 それくらい分かってます。

でも、母の時代と今は違う。

サラリーマンと言えども、もう60歳定年の時代じゃないんだ~ブゥー



母は22歳で父と結婚し、流産・不妊(治療まではしませんでしたが)で悩み、

4年後に私を妊娠しました。

確かに母が妊娠したときより、今の私は10歳もおばさんですがっくり

夫なんて、当時の父より一回りも上ですorz

でも、今の私と同じように悩んだときがあったのに、理解してもらうのは難しいのでしょうか涙

何も言い返す気持ちになりませんでしたはぁ


無理やり食べている「うなぎ」が苦しくて涙が出そうだったところに

追い打ちをかけられ、ポロリと来てしまいました涙



夫はというと、これまた母派なんですびっくり

もともと高度医療に頼ってまでの不妊治療には大反対でした。

「子どもが出来ないんだったら2人の生活でもいいじゃない。

らーは何でそんなに子供が欲しいの? 悪いけど、僕には理解できないよ。」


と不妊治療を本格的に始めようと思ったときに言われたことがありますガーン

今では一応は治療に協力してくれていますが・・・


だから母親の言葉に「そうだ、そうだ」とばかりに

「ニンマリ」 (一瞬、離婚が頭をよぎりましたよ)


その場は

 「もう少しだけ頑張らせて」

と言ってその話は終了となりました。



不妊治療を始めたころは、「すぐできるだろう」と思っていたけれど、

ちっとも先に進まない現実困り


セカンドオピニオンを受けた先生が書かれた本の中にも、

「体外受精はだいたい3回をメドに。」

とあります。

3回なんて、もうあっという間です絵文字名を入力してください

それに、どこまでで1回とカウントするんでしょうか?

採卵~移植まで??

それとも採卵だけでダメなときも、それで1回???



とにかく今のままじゃ諦めなんてつかないし、

達成感なんて、全然ありません怒


だからもう少し夫には付き合ってもらおうと思います。

それにBabyが出来れば、きっと母も夫もうれしいはずグー

なんて勝手に考えることにしましたが、私の独りよがりなんでしょうかねjumee☆disappoint


GWの最後にこんな暗い話題ですみませんぺこり

最後まで読んでくださって、どうもありがとうございましたjumee☆thanks3

にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
・未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
お母様が不妊で悩まれていた頃から時が経ち過ぎてしまったからなのでしょうかねぇ・・・それともご自身が苦労された事を娘にもさせたくないとゆうお考えなのでしょうかねー。
いずれにしてもらーたんさんのもう少し頑張りたいとゆう気持ちは大事にして欲しいなぁと思います。
まだ妊娠できる可能性があるうちは夢クリで頑張っていきましょう!
うなぎ、苦手なのですね~裏側がダメーっで食べられない人には辛いですね、
関係ないですが私は大好物なのでランチでうなぎだなんて羨ましい(^-^)

No title
私、ウナギ大好きです~。
ちなみに私は結婚まで、名古屋育ちです。なので(?)ひつまぶし、大好きですよ。
薬味を入れて食べるのが好きです。


私は親に治療のことは話していないので、何も言われないのですが、頑張っているのにやめたら?と言われるのはつらいですよね…。
泣いて反論しそうです。
3回って何を3回なんでしょうね?
移植3回なら私、終わってますよ…。
採卵(卵が取れた回数)3回と思っておきます!
Re: No title
ベビさん、コメントありがとうございます(^o^)

治療の進み具合を、母に結構マメに話してしまっていたんですよね。
「治療すればすぐに子供ができる」と母も期待していたんだと思います。
これからは、母の前では治療の話は少し避けようと思います。

そうですね!ベビさんの言うとおり、妊娠できる可能性のあるうちは頑張ります!!

ベビさんは、「うなぎ」好きなんですね!
私の周りも好物の人が多いので、いつか克服したいと思ってます<(`^´)>



Re: No title
ゆずRICOさん、コメントありがとうございます(^o^)

ゆずRICOさん、名古屋育ちなんですね!
社会人になって上京してきて以来、名古屋育ちの人には出会ったことがなかったので感激です!

「ひつまぶし」美味しいですよね(*^。^*)
「うなぎが嫌い」と友人に言ったら、半ば無理やり食べに連れられ、そこで初めて「ひつまぶし」というものを知り感動しました!
名古屋で食べたあの味に、関東でも出会えるといいのですが・・・。

私も「治療のことは母に話さないほうがよかったかも」と思っています。
しばらくは治療のことはふれずに行こうと思います。
この先治療がうまくいくかどうか分かりませんが、自分が納得するまでは頑張ります!!



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。